スタッフ研修「ライダーのための救護法講座」を実施

バイク事故に特化した救護法研修を開催


令和2年10月24日、一般社団法人ピースメーカー(以下ピースメーカー)は千葉県大多喜町中央公民館に特別な講師の方をお招きして、ツーリングイベントでスタッフを務めるメンバーを対象にした「ライダーのための救護法」というツーリングリーダー研修会を開き、二輪事故における負傷ライダーの救護法を学びました。


ツーリングイベントをより安全に運営するために


ピースメーカーは二輪車のツーリングを通じて様々な社会奉仕活動を行っている団体です。

ツーリングをスポット誘致しながらの町おこし活動も精力的に行っている他、児童虐待防止強化月間の11月に県・市の公式PR活動オレンジバイカーズツーリングラリーを、またクリスマスにはサンタライダーズとして児童養護施設との交流ツーリングも行うなどのソーシャルツーリングを通年数多く企画施行しています。

やはりバイクを愉しむにはライダー個々の責任において安全に留意されることが絶対ですが、多くのライダーと共にツーリングの可能性を深く広めていく団体として、可能な限り万が一に備えることは義務であると考え、ファーストエイドを学ぶ機会を設けることにいたしました。

講師はバイク事故救護のスペシャリスト

今回講師をお勤めいただきましたのは、研修タイトルでもある著書「ライダーのための救護法」(山と渓谷社)を著された桑田幸二さん。

桑田幸二さんは山岳救助隊で修練を積まれ、人命救助にかけては様々な知識と技能をお持ちで、バイクレース団体MCFAJのレスキュー隊長として、過去20年間にわたり様々なレース事故の救護にあたられていた方です。

それゆえ、講義内容は消防署や公民館などで一般に習うことのできる救護法講座とは異なるもの。

バイク事故の現場に遭遇し、今まさに路上で倒れているライダーを、救急車到着までの間にライダーをどう扱って救護するのか?

など、バイク事故救護に特化した実践的な内容になっていることが特長です。


今回は午前中3時間の座学を経て、午後はその知識を基に3時間の実践を行うという計6時間の講座。

日曜日の午前9時から行われたこの講座には、日ごろからピースメーカーの活動趣旨にご賛同いただいている株式会社カドヤのスタッフ様もご参加になり、ライダーの「まさか」への対応知識を一緒に学ばれました。

この稿では当日の内容と、参加スタッフの様子などをお伝えしていきます。

※ご注意

この稿は当日の講座の内容をお伝えすることを目的とし、救護の実践方法をお伝えするものではありません。

本文では講座の専門性を紹介する目的で救護の方法をお伝えしていますが、文章表現による内容の解釈の仕方によっては、かえって事態を悪化させる恐れもあるため、修練のない実践は危険です。

実践をされる前には必ず実技講習を受けてください。

「ライダーのための救護法」はこういう講座

桑田さんの講座では、転倒ライダー発見からの初動作法が体系的に整理されているので、一つ一つをしっかりと学ぶことができます。

最初に教えていただくのが

事故との遭遇から救急隊到着までの間、必要となる処置の内容をチャート化した次の内容。


この表ではまず、事故の発生あるいは要救護ライダーに遭遇した時点から必要となる処置を

1. 「あ」安全確認

2. 「い」意識確認

3. 「こ」呼吸確認

4. 「大すき」大出血の有無を確認して処置する

という4つの項目に分類し、その頭文字から「あいこ大すき」という形で、いざというときにも慌てず思い出せるように工夫されています。

講座はこの表の内容を詳しく説明しながら進行する内容でしたので、ここからしばらくその一部を皆さんと一緒に見ていくことにしましょう。


あ-①「どこを打ったのかよく見ること。」


桑田さんは転倒の瞬間を目撃した場合、心の中で極力1・2・3とカウントするようにしているのだそうです。

これは倒れゆくライダーの身体が当たった場所ひとつひとつを印象として焼き付けるための心掛け。



時速にして32㎞/h以上のでの転倒、6m以上の落下では人はその衝撃を吸収しきれないものなので、倒れているバイクと転倒ライダーとの位置関係を把握することも処置内容を判断するうえで大変重要です。そのため、発生直後の写真をとって置くことができれば、救急隊・警察への事情説明をにスムースにできるのだそうです。

あ-② 「その場所は安全か?」(二次事故防止)

バイク事故の場合、絶対に避けならないのが

  • 転倒したライダーが後続車に轢かれてしまうこと

  • 救護に向かった人が負傷すること

という2点。

そのため転倒者救護においては、他の交通にその場所の事故発生を早期に認知してもらい、援護の手を募ることが「はじめの一歩」になります。


当日はヘルメットに被せるタイプの三角板や発煙筒を常備しているというスタッフもいて、参加意識の高さをうかがい知ることができました。

転倒者の背後から声をかけてはいけない

移動が必要な場合、転倒者をいかに安全な場所に避難させる方法は意識の有無によっても異なりますが、初めに注意しなければいけないのが、転倒者に声をかける角度です。

倒れている人を見ればすぐに「大丈夫か?!」と、声をかけたくなるのが人の常です。

しかし転倒者は事故直後、頸椎の損傷に気づいていない場合が多いにもかかわらず、声をかけられた方向に振り向こうとしてしまうため、意識の有無がはっきりわから転倒者にむやみに声をかけることが命取りになってしまうことがあるのだそうです。

そのため、転倒者へのアプローチは極力転倒者が顔を向けている方向から行う必要があることを学びました。

あ-④転倒者の移動が必要な時

基本的に、その場の安全が確保されているなら、転倒者をその場から動かさないことが基本になるそうです。

しかしながら、道路上に意識なく横たわっている場合など、自力で移動できない転倒者を速やかに安全な位置に移動する必要があることも少なくありません。

講座ではこうした場面への対応方を次のように学びました。

発見者が転倒者を一人でその場から移動させる場合


恐らく山中の峠道などでは、発見者一人で転倒ライダーを移動させなければならない場合もあると思います。

その際は、左のようにライダーの着衣の方の下を掴んで移動させます。




A、両手は背中の下でウエアを握り込む手のかたちに

B、両腕の間にヘルメットを載せて頭部を保持します。


救護者の腕を転倒者との間に両腕を肘まで差し込み、背中で上記の形をつくりながら、ヘルメットを救護者の両腕にのせてライダーの背中を少し浮かせます。




写真は2019年2月別会場にて撮影

そして上の写真のように腰を落として、ライダーの背中を少し浮かせた空間に救護者の膝を入れて、

転倒者の片腕を腹の上に置き、援助者の腕を転倒者の両脇から入れて腹に置いた腕の両端を掴みます。

さらに写真のように、救護者の頭を使って、垂らした腕の側で転倒者の頭を支えながら、かかとを支点にして救護者が後ろに倒れ込むようにして後方へ移動します。


このとき、頸椎損傷の恐れもあるので、移動を終えたら、転倒者の頭をゆっくりと下すのが肝心。

この方法であれば、救護者が一人の時であって転倒者が自分の体重の2倍であっても、後ろに引くことができるのだそうで