塞がれた心たちに、届けオレンジの光

更新日:11月23日

隠された心たちへの想い ~私たちが走る理由~


日本には、暴虐に嘆いた太陽の神が、岩戸の陰に隠れ、以来様々な禍(まが)がことごとに起きた、という神話があります。

(日本書紀第七段、天の岩戸)

遥か数千年を経た現代。

度重なる震災や風雨災害といった未曽有の禍(わざわい)に加え、ことさらこの2年近くのコロナ禍に塞がれた生活が、そんな古代の神話を思い出させるところです。


現代の“見えざる”重い岩戸

ようやくこの秋、緊急事態宣言も解除となり、世間の閉塞的な空気に希望の光がさしかける状況になってきました。

しかしそれでも、依然その光を見るに至らず、見えざる重い岩戸の奥に未だ封じ込められている小さな心たちがあります。

本来であれば保護者の愛情に育まれながら日々キラキラと太陽のごとく輝くはずの子どもたちの笑顔。

児童虐待という闇の中で今この瞬間もそれは、身近な保護者から昼夜を問わない心身への暴力に苛まれているのです。

その数は増加の一途をたどり、今年ついに過去最高の20万5千件越え…。

不幸にして命を奪われる虐待死事件も年間58件発生しており、あろうことか1週間に1人の子どもが命を落としている状況です。

(参照元:厚生労働省「子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について(第16次報告)の概要」


被虐待児にとってのステイホーム

下の表は、今年厚生労働省が発表した令和2年度の児童相談所での児童虐待相談対応件数の推移(速報値)。

ご覧のように児童相談所が扱う児童虐待の相談件数は、平成29年度より爆発的な増加を見せ、昨年度はコロナ前の令和元年度より、11,249件の増加を見るに至りました。

コロナ禍においては、就労の不安定化やそれに起因する生活の変化など、虐待行為をエスカレートさせる要因も増え、外部の人と触れる機会が減少する状況は同時に、加虐待の事実の隠匿を容易にしてしまった可能性もあります。

それゆえ、既に虐待が常態化した家庭の被虐待児たちにとって「ステイホーム」は、地獄の日々であった可能性も否めません。

さらに、表中の数字はあくまでも、不幸中の幸いにして虐待(およびその疑い)に児童相談所が介入することができた数。

この数の外で未だ誰にも発見されることなく、保護者からの暴虐に悲しみの声もかき消されている小さな命たちがこの数字のほか無数に存在しているのです。


189(イチハヤク)の社会的な周知のために

将来を照らすはずの子どもたちの笑顔を蓋いでいる児童虐待は、

「現代の見えざる由々しき岩戸」。

日本書紀では、岩戸に隠れてしまった太陽の神もやがて、八百万の神女神のに励まされながら再びその姿を現したとされていますが、自らの意思に反して固く閉ざされ、自尊心を阻害された被虐待児たちとって児童虐待という岩戸の扉はあまりにも重く、再びその笑顔を岩戸の外で輝かせるのは容易なことではありません。