千葉オレンジバイカーズラリーが房総に呼びかけた児童虐待防止

更新日:2019年12月2日




オレンジバイカーズがラリーに進化

11月の児童虐待防止月間になると各地ではじまるのが、「オレンジリボン運動」。

そして、この時期千葉に集まるのがオレンジバイカーズです。

2016年から毎年11月3日の文化の日にに開催されてきたオレンジバイカーズ。

これは、背中に「STOP! CHILD ABUSE.(児童虐待をやめろ!)と書かれたオレンジのベストを着たライダーとサイクリスト(総称してバイカーズと呼びます)が、房総半島各地のポイントをツーリングしながら児童虐待防止を呼び掛けていくソーシャルアクションです。


2019年の今年からは、房総半島各地を巡る「ツーリングラリー」形式を導入し、台風や豪雨で被災した房総半島の経済復興にも貢献。

さらに、きめの細かな児童虐待防止の啓もう活動を行う目的で、オートバイだけでなく、自転車でも参加できる千葉オレンジバイカーズラリー(CoBR)としてパワーアップしました。



11月3日の旅程を安全に終了


ツーリングラリー形式となって初の開催となる千葉オレンジバイカーズ。

2020年の本開催では一か月間を通した期間開催となるため、前年の今年は今後に向けたテストランとしての開催。

それに伴って、開催日をこれまでの短日開催を改め、11月3日(文化の日)と17日(日)に分けた複数日開催となりました。


初日に掴んだオレンジ活動の手ごたえ

11月3日には千葉市役所前で結成式が行われ、その後はいすみ市岬運動場で開催の「第7回いすみふるさとまつり」に参加。

ここでは児童虐待防止活動(以下オレンジ活動)を行い、雨の中ではありましたが、お祭りの来場した市民の方に呼びかけながら、約50名ほどのバイカーたちが2,500枚の児童虐待防止啓発グッズの配布を完了させました。









会場ではその場で初めて児童相談所全国共通ダイヤル189(イチハヤク)の番号を知った人も多く、この日は多くの方々にお支えいただきながら、市民の方々に児童虐待防止への関心を持っていただくことに大きな手ごたえを感じつつ、初日の旅程を安全に終えることができました。







11月17日、オレンジバイカーズの新たなスタート


遠くは宮城県からの参加者も

続く11月17日は快晴に恵まれ、100台のバイクが早朝の千葉県庁に集まりました。

この中には、私たちが東北復興支援ミーティングで毎年親交を深めてきた東北のライダーたちも駆けつけてくれていました。

千葉オレンジバイカーズにラリーに参加するため、北の凍てつく寒さを圧しながら遠方からやってきた彼らの笑顔を見るたびに、バイクが結ぶ「絆」の素晴らしさに、改めて喜びが溢れます。


新たなスタートに「走る意味」を注入

例年は、朝方千葉市役所をスタートし、夕刻に千葉県庁に戻るスタイルだったオレンジバイカーズ。

17日は千葉県庁を発って千葉県庁に戻るというラリーなので、回を重ねたスタッフにとっても「県庁に集まる朝」というのはどこか新鮮。

参加のオレンジバイカーたちにとっても新たなスタートということになります。

今回のスタート前には、千葉県児童家庭課さま・千葉県児童福祉施設協議会さまよりご挨拶を頂きました。

そこで参加者は児童虐待の現状などを聞き、オレンジライダーズとしての「走る意味」を共有。

主催スタッフからも参加ライダーに向けて入念なミーティングを行い、マナー説明や安全面の確認。

一同の気持ちが徐々に引き締まります。



千葉県庁前で「RUN FOR KIDS!

私たちにとって出発前の儀式とも呼べる「RUN FOR KIDS!」の掛け声は、地元ラジオ局BayFMの本社営業部長の山本栄治様によるご発声。

今回、BayFM様は私たちの開催趣旨に賛同してくださり、ラジオ出演での活動告知の機会を頂き、千葉オレンジバイカーズの啓発力をラジオの力でバックアップしていただきました。








県職員の皆様に見送られながら華々しくスタート。


各々に「走る意味」共有したライダーたちが一斉に走りだしました。


今回のラリールートは?


ここで、改めて、

「ツーリングラリーとか何か?」

ということについて解説しておきましょう。

「ラリー」といってもこれはスピードを競うような危険なものではなく、鉄道の駅によくあるようなスタンプラリーや、ポイントを集めるポイントラリーのようなものです。

今回の千葉オレンジバイカーズラリーでは6カ所のポイント獲得スポットが設けられており、既定の時間内にこれらのスポットを通過しながらポイントを集めつつ、オレンジ活動や、台風被災地の経済復興のお手伝いをする内容になっています。














ポイント獲得スポットは、次の3種類から構成されています。


スタンプポイント獲得可能スポット( 計3か所)

記事中では緑のタイトルで表示しているのがこちらのタイプのスポット。

これらは、 ラリー参加者に無理をせず走れるように配慮された休憩スポットで、 最低2か所に立ち寄ることにより、計2ポイントを獲得できます。​


中間集合ポイント獲得スポット (計2か所)

記事中オレンジのタイトルで表示しているのがこちらのスポット。

オレンジリボンやダイヤル189の告知するオレンジ活動を行うポイントで、全2カ所でオレンジ活動をして計2ポイントをゲットできます。


フォトミッションスポット (計2か所)

そして、同じくブルーのタイトルがこちら。

風光明媚なそのポイントから房総の魅力をSNSで発信することで1ポイントを獲得でき 、台風等で被災した千葉県を応援するスポットとなっています。


はじめの1歩は一宮パーキングエリア

千葉県庁を出発したライダーが最初に向かったのは、一宮パーキングエリア。

こちらは、ラリー形式以前これまでのオレンジバイカーズの開催でも立ち寄るスポットで、児童養護施設を訪問する12月のサンタライダーズでも必ず立ち寄る場所でもあり、私たちのツーリングイベントの常連さんにはなじみの休憩スポットです。

ひとまず小休止をして、最初の1ポイントをゲットです。








819『バイク』で189『イチハヤク』~いすみ市みなとの朝市


小休止をおえてライダーたちが次に向かったのが、いすみ市の大原漁港。

朝市実行委員会さまの多大なご協力を頂きながら設定させていただいたこのスポットでは、 地元の漁師さんたちがオレンジリボンを身につけて、私たちを歓迎してくださいました。